読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なからなLife

geekに憧れと敬意を抱きながら、SE、ITコンサル、商品企画、事業企画、管理会計、総務・情シス、再び受託でDB屋さんと流浪する人のブログです。

MySQLの権限と付与状況の「見え方」

グローバル権限、データベース権限、テーブル権限など Oracleではシステム権限とオブジェクト権限(と、SYSDBAなどの特殊権限)に別れるように、MySQLも権限のレベルがあります。Oracleでいうところのシステム権限は、MySQLでグローバル権限、とおぼえてほぼ…

MySQLのサーバーパラメータ

MySQLのパラメータの指定方法は色々ある。 ということで、結構な頻度で調べることになるんだけど、毎回迷うから、ここに記録しておきます。 ちょっと設定変えて挙動を見たい時に、動的変更可能な変数なら set [global] variable パラメータ名=設定値; でいい…

OracleJDKはyumで管理できないって?さあどうする。

2つのJDK しばらく開発界隈、Java界隈から離れていたら、いつの間にかSun/OracleJDKとOpenJDKという二大政党制みたいな状態になっていて、しかもLinuxはデフォでOpenJDKをいれてるじゃありませんか。で、たまたまLinuxでJava使う話があって、実験機として構…

「Oracleよ、私は帰ってきた!」と思ったら、人繰りの関係でOracleじゃないDB扱う案件に移った件。

もう何度か書いていますが、受託開発の世界から事業会社に移って商品企画、経営企画、一人情シスと転々とした後、まさかの受託業界戻り、まさかのOracle界隈復帰という流れで、転職後数ヶ月は粛々とOracleをいじっていたわけです。 最後に触ったOracle 9i/10…

新年あけまして

昨年は あんまり振り返る時間がない中でエントリ書いてるので、手短な振り返りとなりますが、一言でいうと「厄年かっ」っていう1年でした。(本厄は来年です) なかなか厳しいイベントもありましたが、悪いことばかりでもなく、明けない夜はない、止まない雨…

再び転職活動記(6ヶ月ぶり5回目)

ワリと細かい記録を残したあのエントリの後 http://atsuizo.hatenadiary.jp/entry/2014/01/16/1025411年足らずで諸事情あって転職、その時は一本釣り(釣られ)で移籍したんですが、非常に残念な事情により、在籍半年にしてまさかの再転職活動を強いられる…

ポジティブ教でもなく、アンチ・ポジティブ教でもなく、ただ認めること

世の中にはポジティブ教が溢れてる 見ていて痛々しいほどにポジティブを全面に押し出している本、ネット記事、いろいろありますよね。自己啓発にくくられる書物は9割型こちらですし、「意識高い系」とdisられるのもこの系統。個別に例を出したらキリがない。…

転職エージェントの比較の軸

この記事が妙に引っかかったので 転職エージェントの選び方と比較の軸 - 脱社畜ブログdennou-kurage.hatenablog.com 概ね同意なんですが、なんかこうすんなり落ちないところがあり、一つ一つ見つけていくのもめんどくさいので、正面からぶつかることなくその…

IIJさんも無線LANのマネージドサービスに参入されましたね

好評頂いた記事に関連して 無線LANは、素人は手を出さない方がいい - 中小事業所のオフィスインフラを考える - なからなLifeatsuizo.hatenadiary.jpのなかで、「AMIYA HyperSonics」と「NTTギガらくWi-Fi」について言及していたのですが、ここでIIJさんが参…

数字の上での「チャレンジ」について、あるいは修羅の国。

予算統制をかじったことがある人の戯言として 企業はなぜ、会計不正に手を染めたのか―「会計不正調査報告書」を読む作者: 米澤勝出版社/メーカー: 清文社発売日: 2014/09/30メディア: 単行本この商品を含むブログ (3件) を見る会計周りの操作のあたりは、そ…

ATカーニーのコンサルが書いた「ITシステムの罠31」を読んで、「るろうに剣心」を思い起こすなど

システムを導入をする上でのハマりポイントを整理 ITシステムの罠31 システム導入・運用で絶対に失敗しないための本作者: 安茂義洋,栗谷仁出版社/メーカー: 実業之日本社発売日: 2015/04/30メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る 読み…

まとめ、あるいは連載目次として- 中小事業所のオフィスインフラを考える

書き始めのきっかけと振り返り 6月いっぱい、ほぼ2日に1日のペースで「中小事業所のオフィスインフラを考える」と題して、勝手に連載記事的なものを投稿してまいりました。 これを思い立ったきっかけは、大企業相手の受託SI・コンサルを経験した後に、中小事…

クラウドの恩恵を最も享受できるものの1つ「メールサーバー」 - 中小事業所のオフィスインフラを考える

もう自社内にサーバーを立ててるところはないんじゃないか、という煽り IT専任担当者を置けないような中小事業所において、メールサーバーを自前運用するというのは、それはもうハードルの高い世界です。覚えること多すぎ。 ていうか、SEという肩書で働いて…

Microsoft Officeライセンス管理、その厄介なるもの - 中小事業所のオフィスインフラを考える

Officeのライセンスは、どんなオフィスにおいても解放されない永遠の課題。 Microsoft Office Home and Business 2013 [プロダクトキーのみ] [パッケージ] [Windows版](PC2台/1ライセンス)出版社/メーカー: マイクロソフト発売日: 2013/02/07メディア: Licen…

セットアップ作業は1台ずつ、管理も1台ずつやるしかないよね - 中小事業所のオフィスインフラを考える

調達もバラバラなので、セットアップもバラバラ 調達タイミングはバラバラ、調達する機種もバラバラ、ドライバもバラバラということで、マスターディスクを作る労力の方が大きくなってしまいますから、1台1台セットアップすることになります。 とはいえ、…

大手のようには行かないPC調達 - 中小事業所のオフィスインフラを考える

一括調達、サポートの均一化ができないところが、小規模事業の悩ましいところ。 大手企業だと、一括大量購入によって値下げ交渉もしやすくなりますし、同一機種であれば、セットアップもサポートも効率化されますが、しかし、中小事業所では、そうした規模の…

セグメント分割を考えるのはいつか - 中小事業所のオフィスインフラを考える

個人的には、小さなオフィスにおいて教科書的にセキュリティがーとセグメントを切っていくのは、手間のワリにメリットが小さいと考えています。 セグメントはクラスCの256単位、いわゆるサブネットマスク255.255.255.0で、これ以上でもこれ以下でもなく。 と…

無線LANは、素人は手を出さない方がいい - 中小事業所のオフィスインフラを考える

今やオフィスも家庭も無線LANが当たり前になってきて、兼任情シスだろうがなんだろうが無線の面倒まで見なくてはいけないです。 そして、あまりにも便利なので利用者のニーズが高く、ちょっと不安定だとクレームも声高になりがちです。利用者自身で解消でき…

複合機は総務じゃなくて情シスの守備範囲として - 中小事業所のオフィスインフラを考える

「ザ・OA機器」とも言えるコピー機は、いまやコピーだけではなくレーザープリンター、FAX、スキャナー機能が付いた「複合機」として導入されることが一般的です。 エンジニアやプログラマでも、完全に1人の利用者として「すでにそこにあるもの」扱いになっ…

内製?外注?ポジショントーク? - 中小事業所のオフィスインフラを考える

内製回帰厨じゃなかったのか? このテーマを書いていて、ところどころ「業者に頼れ」と書いていますし、外部サービスの活用を積極的に推奨していますが、もともと私個人は「内製回帰厨」を自称していました。 「SIerなんかに丸投げするな、自力で作れ。」 ビ…

MacOSのバージョンをいつ上げるかは、情シスの悩みどころの1つ。

WWDC 2015において、MacOS X El Capitanが発表されました。 去年のこの時期MacOS 10.10(Yosemite)発表なので、あらかた予想通りと言ってしまえば予想通りです。一つ一つの新機能についての紹介はよそに譲ります。ウチ、Apple関連ニュースでPV稼ぐ系のブロ…

回線手配とファシリティ、わりとめんどくさい - 中小事業所のオフィスインフラを考える

抜けていた! ネット回線をどう選ぶかを書いていたら、「手配・設置系のノウハウがまるっと抜けていた」ということに気づきました。 ソフトの方ばかりに頭が行っていると、こういう物理的な話が抜け落ちがちです。 未経験だとまず考慮から漏れますし、考慮し…

小学校3年生なりたてで「地元の歴史を調べてこい」という課題

小学校学習指導要領解説 社会編作者: 文部科学省,文科省=出版社/メーカー: 東洋館出版社発売日: 2008/08メディア: 大型本購入: 10人 クリック: 16回この商品を含むブログ (3件) を見る 「社会」って、今は「総合」って教科らしいね。 小学校3年の娘の話なん…

電話回線と電話機は、内線1人1台の常識を疑ってかかる - 中小事業所のオフィスインフラを考える

もしかしたら、自宅には固定電話を引いていない人が、オフィスの電話のお守りをするような時代に来ているかもしれない。 それくらい古くから、当たり前のようにあると思われている「電話」について。 10人以下のスタートアップで、電話の取次がほとんど必要…

インターネット回線をどうするか - 中小事業所のオフィスインフラを考える

フレッツ光ファミリー1Gbpsプラン+大手ISPのプロバイダ契約 あれこれ考えずに1つ選べといわれたら、これを提示します。 事業所がフレッツ光の提供エリアに入っていれば、光回線にしておきましょう。 というか、よほどの事情がない限り、フレッツ光が引き込…

不正アクセスで機密データを漏らさない仕組みについて

直前のエントリで上げた連載予定の話とは別。 標的型攻撃とか最近の攻撃手法の知識がないのがバレバレなねらーな人たちが無知を振りかざしてココぞとばかりに叩いてるのをみて気持ち悪いなーと思いつつ、自分も専門じゃないからそこをガチンコ説明するつもり…

中小事業所のオフィスインフラを考える

はじめに 100人以下で非IT系の企業だと、パソコンにちょっと強い人に押し付けてしまっていることも多いのが、「OA周りの整備」です。 「IT」とか「社内情報システム」という言葉より「OA」という言葉がまだまだ似合う、そんな領域だったりします。 1人1台PC…

Outlook for Macが起動しなくなった際の対処法

前提条件 Office365のExchange Onlineに対して、Office for MacのOutlookを使い、POPでもIMAPでもないHTTPS接続のキャッシュモードで使っていて、そのOutlookが起動しなくなってしまった場合の復旧方法です。 ニッチ? 中小企業では割とあるんじゃない? 半…

後日談-MacOS10.10でActiveDirectoryに

1ヶ月以上、この環境で使ってみた。 MacOS10.10でActiveDirectoryに - なからなLifeatsuizo.hatenadiary.jpの後、1ヶ月以上は使ってみました。 人柱的なアレですね。 なんか遅い ADに参加していないMacとくらべて、以下の様な不穏な「遅さ」が現れます。 端…

ドメイン未所属端末利用者のドメインユーザーパスワードを変更する

なんでそんなことが必要に? ニッチでめんどくさい話。 端末がドメイン参加してれば、何も意識することなくパスワード変更できるのに。むしろ、「なんでこうなるの?」って思う人もいると思う。これが必要となるケースは、こんな感じです。 ・ドメインが複数…

NETGEAR GS108PE v3使ってみた

PoEスイッチの増設が必要な用事ができて、同種の製品では最安値帯で展開していたので購入してみました。NETGEAR 【ライフタイム保証(無償永久保証)】ギガ8ポート アンマネージプラススイッチ(PoE 4ポート)/管理機能付 GS108PE-300AJS出版社/メーカー: ネッ…

カードケースの中身を考える

今使っているカードケース(パスケース)が使用歴10年以上の年季物で、このところICカードなども増えてきて常にパンパン、しかも出し入れ頻度も増えてきていることから、かなりボロボロになってきてしまいました。 そろそろ買い換えたいなと。 で、候補を探…

WindowsからMacOSに乗り換えて1年超、いまだにキモいとおもうこと

純粋には、乗り換えじゃなくて併用なんだけどさ。 純粋Windows7機、MacBookAir+MacOS(Yosemite)、そして、BootCampでWindows8.1の3種類使ってて、利用頻度は「4.5:4.5:1」くらい。 情シスとして他の人のPCをいじる関係で純粋Windows8.1機もいじるので、…

AppleWatch騒動

発売前はとにかく期待を煽りまくって、いざ入手したら、お約束の「開封の儀」をやって。そして1周間既存製品と比較して、アレはだめ、これは物足りない、ってレビューがだいぶ出てきたね。 イノベーション()的なものって、大抵、出てきた当時は既存製品と…

Xaasがこれだけ普及してきたんだし

受託のSEやコンサルに疲れてしまった人は、大手が相手している余裕がない中小企業に潜り込んでいって、自分の会社、自分の業務のためのシステムを、自分で作るなり、Xaas使うなりして進めていくポジションを開拓していけばいいと思うんだ。 KintoneやらForgu…

「不格好経営」は、受託から事業会社に移ることを考えている人に読んでほしい一冊だった

2013年6月発刊から1年半以上、スルーしていた どうも、DeNAというかソシャゲ業界の会社自体にあんまりいいイメージもってなくて(ド偏見)、さらに著者はマッキンゼーで大前研一さんとガチでやってた人で、さらにDeNAを立ち上げてあそこまで大きくした人なん…

MacOS10.10でActiveDirectoryに

ActiveDirectoryサーバー側で ドメインユーザーを作る。 こっちの準備はこれだけ。 ドメインに入りたいMac側で システム環境設定>ユーザとグループ ログインオプション>鍵解除 ネットワークアカウントサーバ「接続」ボタン ActiveDirectoryサーバーのサー…

PowerShellで「Office365」からグループとメンバーのデータを引っこ抜くまで

メーリングリストとそのメンバーの一覧をExcelで寄越せ 「GAL(Global Address List)=アドレス帳見ろよカス」と言えない情シス。 かといって、ダイレクトにCSV等に落とす方法はないので、1件1件見ながらExcelの台帳に更新するのも馬鹿馬鹿しい。 で、調べ…

転職えんとり

何度目だよ。 11ヶ月ぶり4度目(新卒から5社目)。 いままでの会社は4〜5年は在籍していたので、1年以内の転職は初めてのことです。年齢も年齢ですし、こんなにすんなり決まるとはおもいませんでした。 経緯 私の場合、基本的にはエージェント経由での転職な…

年が明けて1ヶ月。職場が変わりました。

更新があいてしまいました。 沈黙してたのは、職場が変わった関係ですね。 少し落ち着いてきたので、また再開したいとおもいます。 やってることはやっぱり情シスです。 今年もよろしくです。

何かを決意すると、雄弁になる

なんでだろう。 例えば、ブロガー名物「退職エントリー」なんかもそう。 退職の経緯、そこまでの区切り・総決算的なの説明もあるけど、「次、この先、どうしたいか」の決意表明の意味合いも大きい。 別に退職じゃなくても、「アレしたい、コレしたい、やるん…

「やる事」「やる日」を存在させると、やるようになる。

「先のことはまだわからない?じゃあ、とりあえず、そこに予定入れておこうよ。ダメならダメでそのとき言ってくれればいいから」 どんな軽い約束や宣言も、人は自分の口から発すると、それを守ろうとする。 営業トークでとりあえずアポ取りたい時とかにも使…

「キミもそこまでやらなくていいから、オレにそのレベルを求めないで」

元々は、家事をどこまでやるか*1っていう話を同僚の新米パパさんと会話してて、嫁とこんな会話出るよねー、って言ってたところから生まれた話です。 これ、仕事にも、当てはまるシーンあるなと。 「そこまで細かくやらなくていいから、そのレベルの細やかさ…

自分を肯定できない人

∧__∧ ( ・ω・) わたしどす ハ∨/^ヽ ノ::[三ノ :.、 i)、_;|*く; ノ |!: ::.".T~ ハ、___| """~""""""~"""~"""~" 良いも悪いも評価せず、そのままの自分を認めればよい、って言われても、それができないから苦しいの。 中二病と言ってしまえばそれまでなんだが、中二に…

「その時の状況に応じて、最高のパフォーマンスを」

ももクロのトークで出てくるこの言葉。 古くは、ヤマダ電機全国店舗遠征で会場ごとに異なるスペースでのライブをしたり、 PA故障が故障してもアカペラで歌い続けたり、横浜アリーナ2Daysで1日目と2日目をセトリもステージ構成もまるで違うものにしたり。 メ…

他人を変えるのは難しい、自分を変えるのは簡単

っていうけれど、自分を変える、自分の考え方を変えるって、他人を変えるのと同じくらいにすごく難しいことだと思う。 逆説的なアプローチになるけど、そんなに簡単に自分を変えられるなら、自己啓発の本やセミナーは、ここまで隆盛していないんじゃないか。…

落ち着いてコツコツ仕事をするタイプの人を精神的に追い込む方法

「行動こそがすべて」とお題目を唱和しながら無計画に走り回ること。 あらゆる「管理」をしないこと。 管理系資料を渡されたら、「資料作ってくれてありがとう」というだけで、その内容を無視して行動すること。 指示や回答を不明瞭にすること。 時間を守ら…

みんな「れりごー」したら

「ありのままでいい」って、自分で自分を抑制していたブレーキを外して、それが「好き勝手動く」という状態に行くと、たしかに「れりごー」した本人はソレまで以上に行動的になり、ストレスもなくなるかもしれないけど、周りはたまったもんじゃないってケー…

昔の自分が、今の自分を奮い立たせる

今日もまた、自分のブログの過去記事を読んでいた。 なんか、すげーいいこと言ってる。 それを「当時から進化してない」と捉えることもできるけど、「自分でもその考えに至ることが出来るんだ」って前向きに捉えよう。 物事を、どう捉えて、どう動くか。それ…

他責と自責の境界

他責とか自責とかよくいうけど、最近、よくわからなくなってきた。 「どっちかの責任」っていう二元論自体が、すごく危うく感じるようになってきたからだ。 正直言って、自分は愚痴が多い。 愚痴ってものは、大半が、自分を取り巻く環境について、何か満たさ…