読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なからなLife

geekに憧れと敬意を抱きながら、SE、ITコンサル、商品企画、事業企画、管理会計、総務・情シス、再び受託でDB屋さんと流浪する人のブログです。

IIJさんも無線LANのマネージドサービスに参入されましたね

好評頂いた記事に関連して

atsuizo.hatenadiary.jp

のなかで、「AMIYA HyperSonics」と「NTTギガらくWi-Fi」について言及していたのですが、ここでIIJさんが参入するという記事がありました。



cloud.watch.impress.co.jp

2プラン構成で1つはCiscoMerakiを利用したもの、もう1つは独自機器を用意するそうですが、この構成はNTTギガらくWi-Fiのサービス構成に似ていますので、まだ情報が出揃っていませんが、ちょっと比較してみようと思います。


機器
事業 上位プラン 下位プラン
NTT Cisco Meraki
(MR-32)
D-Link
(DBA-1510P)
IIJ Cisco Meraki
(MR-32とMR-18の2種類を用意)
独自開発
(SA-W1)

NTTの機器については公式サイト上に明記がなく、写真から判断していますので間違っていたらご容赦ください。


IIJさんの方では、MR-18という、おそらく802.11acに対応していないなどランクを下げたモデルも提供しています。
また、下位プラン用に独自に開発したとされる「SA-W1」というものが、どういった機器になるのかの詳細は現時点で不明です。


Cisco公式サイトでは、現時点dねMRシリーズで4種類ほど出しているので、そちらも参考に。
Cisco Meraki Cloud Managed Wireless Products


料金(月額、アクセスポイント機器1台あたり)
事業 上位プラン 下位プラン
NTT 4,980円 2,980円
IIJ 3,860円~ 2,500円程度~

IIJの料金は引用元であるインプレスクラウドウォッチの記事の情報で、IIJ側のサイトには料金の明示はなく、「詳しくはお問い合わせください」になっています。


また、IIJの上位プランの方が安く見えますが、おそらくランクが下になるMR-18での価格かと思われますから、NTTと同じMR-32の場合の値段で比較したいところです。



より細かなサービス内容、条件を抜きに単純比較するのは危険なので、具体的に導入検討される方はきっちり情報を揃えましょう。


2015春のINTEROPで「Cisco Meraki」のコーナーが大盛況!

www.interop.jp
去る2015/6/10~12に幕張メッセで開催されていた、毎年恒例のネットワーク関連総合展示会「INTEROP」を見学したのですが、Cisco Merakiのブースは説明員や説明用端末が足りないくらいに人が集まる盛況ぶりでした。


豪華な景品や抽選で釣るタイプではない(何かキャンペーンとノベルティは配ってました)中での異常な注目のされっぷりだったと思います。


そして、毎年イベントの中でメディア関係者や専門家等によって選定する「Best of Show Award」にも、クラウドサービス部門でグランプリに輝いていました。




じつは同じBest of Show Awardの別部門エンタープライズ/SMBネットワーキング部門」でグランプリを獲得した、「大塚商会 らくらくソリューションシリーズ」の中に、「らくらくWi-Fi」というサービスがあり、ここでもCisco Merakiの機器が展示されていました。大塚商会さんのページでは機器の説明が全くないので読み取れませんが。。。


今後の展望

無線LANに関するマネージドサービスは、まだまだこれから参入事業者も増え、伸びていくのではないかと思います。

そして、使用されるプラットフォームとしてCisco Merakiが一歩抜きでたところで、今度はCisco Merakiを担ぐ事業者同士の差別化がどう進むかが1つのポイントです。
ここで取り上げたNTT、IIJ大塚商会以外にも、何社かすでに参入しているようです。


また、あえてCisco Meraki以外でサービスを提供する事業者については、どんな機材を担いで、どんな内容で何で勝負するか、というところにも注目です。