読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なからなLife

geekに憧れと敬意を抱きながら、SE、ITコンサル、商品企画、事業企画、管理会計、総務・情シス、再び受託でDB屋さんと流浪する人のブログです。

転職して2ヶ月が経ちました。

ウチは入社式が4/3(木)なので、新社会人向けメッセージはありません。

まあ、そうでなくても、新社会人向けメッセージのエントリを書くようなタイプの人ではないので。

 

土日も営業してる関係で、火曜日水曜日がお休みなんです。管理部門は土日休みですが、あくまで営業基準で会社のカレンダーが組み立てられるので、所属上の入社日は1日でも、色々始めるのは第1営業日にあたる3日から。

 

大きな事件

私がこの会社に入るきっかけを作ってくれた上司が、体調不良等の理由で籍を抜き、関与時間を大幅にしぼってコンサルティング的な立場になることになったこと。

 

でも、会社にかなり慣れてきて、仕事に全力で打ち込み、仕事を全力で楽しめています。

 

会社の成長のために、やるべきことをやる。その事に、一点のゆらぎもありません。

 

 

社会人生活15年。今、最高に仕事が楽しいです!

自分のスキルを活かすこと。自分の未経験の領域にチャレンジすること。

その両方ができています。

 

そして、「自分の夢や目標のために働く」よりも「誰かの夢や目標のために働く」ことが向いている私にとって、最高の環境になっています。

 

 

ただ、総務というポジション、創立初採用という情シスというポジションで、自分の価値を認めてもらうのに、何が必要かは、もう少し考えなきゃいけないなと思うところでもあります。

 

あまり目立つような職種でもないし、そうした職種の人が目立って力を持っている会社ってのも、正直なところあまり健全とは思えないし。結構悩ましいところではありますね。  

 

人生初の。。。

自己啓発系のセミナー参加。費用は会社持ち。

 

いわゆる「脳ミソ洗っちゃう系」かと思ってましたが、ありがちな「参加者の価値観を全否定して精神崩壊させたところに別の思想を植え付ける」というアレゲな感じではなく、参加者が各々ひたすら自分の過去に向き合ったうえで、そうした過去を否定せずに認めた上で、将来を切り開く為の力を自ら発見するという、変わったセミナーでした。

 

正直、それなりの費用がかかりますし、さらに続編コースへの勧誘や、知人紹介への勧誘が激しいですが、別に勧誘したところで、金銭面、地位面、どちらも勧誘する人には全くメリットがない、ただ善意による勧誘ってのもまたスゴイ。

 

セミナーそのものが、担当講師+アシスタント1名以外、ほぼボランティアで運営されてるってのもまたスゴイ。

 

変な高揚感もありつつ、冷静なままでもいられるという、不思議な内容でした。

とりあえず、悪い方向には向かっていないことを自覚できています。

 

大学で哲学を専攻していたこともあり、あらゆる思想は研究観察の対象として見てしまう傾向にありましたが、その冷静さを維持しつつ、自分の人生にプラスになるものをつかめたという実感があります。

 

すごく不思議な感覚。説明しきれないし、胡散臭いと思われても仕方がない。

 

会社のメンバー全員が、なんらかのタイミングで必ず受けることになっているコースで、それが会社の文化であり共通言語でもあって、それでうまく回っています。

 

セミナーを受ける前から、新しい会社の活気に影響を受け初めていましたが、今回のセミナーを受講して、やっと本当にこの会社の一員になれた気がします。

 

 

もうちょっと

ブログ更新する時間作りたい。

 

情シスとしてサポート・ヘルプデスク業務での必要性にかこつけて、MacBook Airを入手したので、オサレなカフェでドヤりながら、エントリでも書こうかな。

 

 

以上、近況報告でした。