読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なからなLife

geekに憧れと敬意を抱きながら、SE、ITコンサル、商品企画、事業企画、管理会計、総務・情シス、再び受託でDB屋さんと流浪する人のブログです。

Outlook for Macが起動しなくなった際の対処法

前提条件

Office365のExchange Onlineに対して、Office for MacOutlookを使い、POPでもIMAPでもないHTTPS接続のキャッシュモードで使っていて、そのOutlookが起動しなくなってしまった場合の復旧方法です。


ニッチ?


中小企業では割とあるんじゃない?
半年でこのトラブル3件は見たし。


再インストールよりラクな方法で復旧することもあるよ?っていうお話です。


再インストールでも回復しなかったり、場合によってはOSXからの再インストールが、なんてケースもあるので、まずは試してみましょうと。


WindowsOutlookでPOPやIMAPなら、とりあえずPSTファイル修復してみろ、ってやつなんですが、ヤレMacだ、ヤレHTTPSだ、キャッシュモードだ、ってなると、途端に情報が減ってしまうんですよね。


なお、このやり方は、設定が消えるので、サーバーへの設定情報何もかもイチからやり直しです。


対応手順

・Office for Macを終了させる。
・Finderから下記フォルダをまるごと別の場所に移動(用済みになれば削除可)させる
 /Users/<ユーザー>/Documents/Microsoft ユーザー データ/Office 2011 Identities/Main Identity
 Finderから「書類」を選択すると、/Users/<ユーザー>/Documents/までは移動できます。

Outlook for Macを起動
・アカウントの再設定、接続、サーバーとの同期。
 

これだけ。


プロファイル関係の何かのファイルが壊れてしまったと思われ、その辺のファイルをいない子にして再設定する、ってお話でした。